바로가기 메뉴

平沢について

市のシンボル

  • 平沢について
  • シンボル
  • 市のシンボル

平沢を象徴するシンボル

シンボル
市章
  • 太極の模様は跳ね上がる水玉を形象化し、土から芽生える新芽を表したことで、希望へと躍進している平沢市の未来像を形象化した。
  • 下段の3線は広い平野とアクセスがよくて均等に発展する都農複合国際都市として躍進していく前衛的な都市の位相を表している。
Bird
市の鳥 シラサギ
  • 特性 : 3月から10月にかけて飛来する渡り鳥。人里に近いところに巣を作り、沼や川で餌を捕食。
  • 象徴性 : 平和のシンボル的な鳥で、人間の崇高さ(純潔)を象徴。富裕な町にのみやって来るという俗説もある。広い平野を有する市の特性と庶民的な白が調和して親しみやすいイメージをアピール。
flower
市の花 梨の花
  • 特性 : ナシはバラ科ナシ属の果樹で4月にきれいな白い花を咲かせ、夏に実がなる。白が好きな韓国人の民族性を表しており、清楚な美しさを表現。
  • 象徴性 : 平沢市の優れた農産物である梨と結びつけるとともに、きれいで魅力的な町としてのイメージをアピール。
Tree
市の木
  • 特性 : やせた乾燥地でもよく育つ常緑針葉樹。葉や花粉などは薬用に使用。風に強いため防風林としてよく用いられる
  • 象徴性 : 韓民族に好まれている代表的な木。寒さに強いことから、平沢市の底力を象徴。
닫기